実践する思考

主に社会科学と教育に関して、また読んだ本の書評も書いていくつもりです。

権力を支える自覚

高校生の時から、私の周りで政治に関心を抱く人は、ほとんどいなかったように思う。大学の日常会話で政治の話題を出した時には、相手の顔がたちまち曇っていった。「どうせ投票したって、何も変わりはしない から話すだけ無駄だよ」という友人の言葉が今でも忘れられない。近年における投票率の低下という現象 は、政治を諦めた人が多いことを表しているのだろう。


理屈で考えれば、政権、すなわち権力者を支えているのは、現状の体制に満足して行動しない「我々」である。というのは、現状の体制内である程度の利益を享受できるから、何らかの行動をせずとも生活していける「我々」である。「我々」が現状の体制に不満を抱いて行動すれば 、体制は崩壊 する。長く権力の源泉とされてきた軍隊や警察などの「暴力装置」ですら、時に政権に反旗を翻すこともありうる。2011年のエジプト革命では、反政府デモに対して、兵士たちが発砲するどころか、デモに加わる映像が流れ、衝撃を受けた。このように、「我々」は権力を支える側ことも権力の基盤を覆すこともできる。

だからこそ、政治は政治家に任せきりでいればよい、という態度ではいけない。なぜなら、ある社会の権力を支えるのも壊すのも、その社会に暮らす「我々」であり、その意味で「我々」こそが権力者なのだ。だから、自分たちが権力の「当事者」である意識を持って政治と向き合うべきなのである。

では、実際にどのように向き合うべきなのか。「我々」は民主主義社会に暮しているが、民主主義社会だからといって、すべての 人々の「民意」を測ることは不可能である。というのは、多様な価値観を持っている人々が存在し、それを一つに統合することは原理的にも技術的にも不可能だからである。だからこそ、選挙だけではなく、デモや世論、直接投票などの機会 を通じて、自分の意見を表明することが重要なのだ。『政治的思考』の著者である杉田敦氏が,「人々の声を伝える回路は様々な形であったほうがいい」と述べているように、民主主義社会にはさまざまな伝達手段が用意されている。

政治を諦めて無関心な人は多い。しかし、声を上げなければ、ますます諦めることになり、ますます無関心になるという悪循環を引き起こす。重要なことは、政治に関わる当事者としての意識を持ち 、政治への多様な回路 が用意されている中で、いかに政治と向き合うかということである。民主主義社会の一員として、また教育者として政治とどう向き合うか、これから考えていきたい。