実践する思考

主に社会科学と教育に関して、また読んだ本の書評も書いていくつもりです。

政治参加の意義

フランス革命に大きく影響を与えたルソーは次のような言葉を残している。

 

 「イギリスの人民はみずからを自由だと考えているが、それは大きな思い違いである。 自由なのは、議会の議員を占拠する間であり、議員の選挙が終われば人民はもはや奴隷 であり、無に等しいものになる」。(ルソー(2008年)『社会契約論』中山元訳、光文 社、192頁)

 

ここでルソーは、選挙期間以外において人民は奴隷であると論じている。選挙とは代表者を選出することであり、代表者とは人民(主権者)の代わりに政治を行う者を指す。代表者の権力基盤の正統性は人民によって選ばれたことであり、その政治には選んだ人民の意向が反映されなければならない。しかし、代表者は往々にして民意に反する政治を行うことがある。

 

例えば、経団連など利益団体の便宜を図る利益政治が行われたり、官僚による政策決定への裁量権が増大したりする場合である。こうした問題は利益集団自由主義(ロウィ)や行政国家の肥大化によって生じる問題であり、民意ではなく利益集団や官僚の意向が政治に反映されているのである。

 

だからこそ、丸山眞男が言うように代表に対して常に監視し、抑制することが必要なのである。そのための一つの方法が政治参加である。例えば、現行の制度下では、議員へのロビイング活動、地方自治体への請願、住民投票、デモや集会などが認められている。こうした活動によって代表者に絶えず揺さぶりをかけ、代表者に監視されているという意識を持たせることで、代表者は民意に沿った政治を行うようになる。公民権運動のように奴隷解放運動を行うことで、奴隷は奴隷でなくなるのだ。

 

制度として試行段階の政治参加の手法もある。ハーバーマスやディーネルらの唱える討議デモクラシーだ。これは、市民自らが政策決定や法の制定過程への参加する試みである。ここでは、市民は政策の立案ではなく問題の発見などに役割を限定される。というのも、政策の立案は代表者や官僚が行うことであり、重要なことは政策の前提としての問題を市民が十分に討議することで、代表者たちはその問題に対する政策決定や法の制定をする上で正統性を得られるという点である。この過程で市民は学習し、民主主義の担い手として成長していく。したがって、討議デモクラシーは人民を奴隷から貴族へと知的に洗練させる方法でもあるのだ。